公開日:2017/12/01

現場スタッフが足りません。今すぐできる採用方法を知りませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経営者であるあなたにとって縁故採用と聞くと、どのように感じますか?

何か悪い印象をお持ちでしょうか。不公平であるとか。陰湿な感じとか。

もしマイナスなイメージを持っているとしたら残念なことであるとお伝えしなければなりません。

でも「はじめて聞いたよ、何それ、教えて!」ということであれば、これから人手不足で困っている現場で、すぐに活用できる方法をお伝えしようと思いますが、いかがでしょうか。

人手不足常態化で思考停止を招く

それは口コミ、縁故採用です。具体的には「紹介を頼む!」ですね。何だそんなことか?と思いましたか。スタッフを短期間で採用できる超簡単テクニックですが、現場が疲弊していると思いつきもしません。言われてみれば、短期間でできる一番簡単な採用方法となります。

今働いているスタッフにその場で「友達紹介してよ」と一言、声をかけてみるだけです。あなたが「こんな働き手がもう一人いたら助かるな」と思えるスタッフに紹介を頼むことです。ここがポイントです。なぜなら類は友を呼ぶで、そのスタッフの周りには似たようないい人材がいることが多いからです。そのスタッフと同じ価値観を持った人が周りにいる可能性が高いです。

時間も費用もかからず

また教育訓練の負担も軽くてすみます。実は友達に限定する必要もありません。親、兄弟、姉妹なら最高です。なぜなら、お店の内部事情をすでに知っているからです。教育訓練もアッという間に進みます。家に帰ってもスタッフが家族に仕事の手順を説明できてしまうので、かなりのアドバンテージとなって返ってきます。

なので今いるスタッフに声をかけて紹介を頼んでみてはいかがでしょうか。即戦力になる可能性は高いです。元々、お店にとって貴重な戦力となっているスタッフの知り合いですから、同じような戦力として働いてくれることも多いです。「紹介を頼む」が即効性の高い採用方法となります。

もうひとつの裏技的テクニック

さらに前任者の時に勤めていて辞めていったスタッフに声をかけることも試してみてください。もちろん、ただし書きがつきますが前任者と反りが合わないというだけで職場を離れてしまっていることがよくあります。前任者とは店長であったり古参のスタッフなども含まれます。

信頼できて以前の働きぶりを知っているスタッフにヒアリングしてみることをオススメします。働きぶりに問題なければ、戻ってくるように声を掛けてみるのは悪いアイデアではありません。意外と何もしていなかったり、戻ってきたいと思っていることもよくあることです。もちろん戻ってきてくれさえすれば、これまた即戦力として活躍してくれます。

知り合いのスタッフを通して連絡してもらうのは有効な方法です。後は面談を設定するだけです。人が戻ってきてくれれば、店長は本来のマネジメントに掛ける時間が取れることとなります。今度は外に求人を打って出ることもできるようになるでしょう。

※注意書き

このふたつのテクニック、どちらにも言えることですが店内外で問題を抱えているようなスタッフの知り合いは注意が必要です。これは「類は友を呼ぶ」とお伝えしたように、紹介と一緒に問題もついてくる可能性があるので気をつけましょうということです。

繰り返しお伝えしますが注意点は声をかける相手は選ぶことです。人手が足りないからとネコも杓子も、誰でもいいとなりがちですが本来、採用は慎重になされるべきものです。その点を忘れずに。

PS.
▼人がついてくるあり方を身につければ百人力です。

関連記事

人が動く社長力養成講座

人が動く社長力養成講座では、経営者としての”あり方”、リーダーとして指導するための“姿勢”などを見直

記事の続きを読む

外注紹介サポート

あなたが現在行っている「作業」を請け負ってくれる、信頼できる外注先を紹介します。 「社長の仕事」とは

記事の続きを読む