公開日:2018/04/04

途切れることなくお客様を獲得し、経営を安定させる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日ある小売店の社長が、経営についてこんな話をしている記事を読みました。

「過去に調子がいい時は、これ以上お客さんはいらない!そう思った時期もありました。しかし、今はこれまでの方法ではうまくいかなくなってしまい。何とかしなければと思うけれど、何をどうすればよいかわかならい。そんなことを考えていても、時間だけは過ぎていくので、日々焦りと不安だけが大きくなっています….。」

『何とかして会社を立て直したい…』

そんな想いで試行錯誤しているのに、うまくいかない。もし、あなたがそんな状況であれば、これからお伝えする事例はあなたの焦りや不安を解消することができるでしょう。まずは、こちらの動画ご覧ください。(3分程度の動画です)

安定した集客の仕組み作りに成功した、ある治療院のお話

(月間くすのせ H29年 12月号より )

こちらの治療は、2016年の4月に開業しました。比較的新しい治療院ですが、1年間の経営は順調といえるものでした。しなしながら、売上の規模が大きいため、毎月維持しないといけないカルテの数も400枚以上とかなりの数になっていました。

来院しなくなるお客様は、毎月全体の18%~20%。特別高い数値ではないのですが、それでも毎月新規のお客様を80人以上は獲得しないと売り上げの維持できず、いずれは経営が難しい状況になると予測できました。

毎月毎月「今月もお客様は来てくれるだろうか…」と不安を抱えていたため、どうにかして安定した集客の仕組みを作りたいと思いで一杯でした。

同じ施策でも、全く違う結果を生み出す方法

治療院全般に言えることですが、どうしても限られた地域でビジネスを行うため商圏を広げることはできません。そうすると、特定の地域の中でどれだけお客様に足を運んでいただけるかがカギとなります。

どうすればよいのか?過去に行った施策の内容を再度検討しました。そんな中、これまで何度も行っていたのがチラシです。確かにチラシを配ると一定の効果はあるものの、何度も配ると「毎月同じチラシが入っているな…」と思われすぐに捨てられてしまう可能性もあります。

検討を重ねた結果、同じものだと思われない工夫をすることで、問題は解決できると考えたました。それは5種類のチラシを作り、折込とポスティングの両方を使いローテーションで配布すること。これで、年間を通しても同じチラシが同じ世帯に配られる回数は最大でも2回までとなります。

そして、もう1つ同じだと思われない工夫をしました。それは、違うターゲットに向けたチラシを作成することです。違うターゲットとは、1つ目のチラシが「腰痛や肩こり」をメインにしているものであれば、2つ目は「産後太り」をメインに作成するといったイメージです。

その結果、毎月売上の予測が可能に!

このチラシから毎月新規の1/3に当たる、25名前後のお客様が来院して下さるようになりました。配布部数は基本的に18,000部で、平均10万前後の費用です。1人当たりの獲得費用は4,000円前後。オフラインの費用としてはかなりの低コストを実現することができました。

毎月25名の新規のお客様を集めるというのは、1カ月だけであれば可能かもしれません。しかし、それを維持し続けるのはどんな業種でも簡単なことではないと思います。

もし、あなたが新規集客で悩んでいるのであれば、下記のポイントを押さえて商品やサービスを訴求してみて下さい。

・同じものだと思われないための工夫をする
・違うターゲットを狙う

これにより、安定した集客の仕組みづくりが可能になります。

PS.
安定した集客の仕組みの仕組化する方法をもっと知りたければ
>>無料進呈中です!『絆で集まる集客システム』構築ガイドブック

関連記事