公開日:2018/04/19

成功談と失敗談、あなたはどっち?

From:脇田優美子

あなたの会社でも、この春社員を採用しましたか?社長のあなたは、新入社員にどのように接しているでしょうか。

採用難の時代にせっかく入社してくれた社員が、あなたの会社で意欲を持って働いてくれるために、絆を深めるかかわり方がしたいですね。

社員と絆を深めるという意味では、新入社員に限った話ではありませんが、新年度ということもありますので、今回は、社員への接し方で中小企業経営者にありがちな間違いをお伝えします。

 成功談で尊敬される?

フレッシュな気持ちの新入社員が自社で一生懸命働いてくれるためには、まず経営者としてのあなたが、その社員から尊敬を得る人物となることが大切ですね。

けれど当たり前のことながら、尊敬というものは相手に押し付けて生まれてくるものではありません。

ここで社長がやってしまいがちな間違いの1つが、入社したばかりの新人に、自分の成功談ばかり語ることです。

社長の成功談というのは、話しているご本人からすると、経営者としての実力を証明できるように感じますし、話していてつい気分も良くなるでしょう。

しかし聞いている新入社員の側からすれば、社長の成功談は自分との立場の違いを感じるばかりで、むしろ心理的な距離感が広がってしまいかねないところがあります。

それに、社長と言えども、成功談がともすると自慢話のように聞こえてしまうと、一般的には感覚として好意的に受け止められないことも覚えておきたいところです。

話す相手が新入社員ではなく他の社員の前でも、社長の訓示が成功談ばかりであれば、どうしても「また社長の自慢話が始まった」と思われてしまいがちで、残念ながら社員教育としてあまり効果があるとは言えません。

成功談を持ち出すなら、きちんと伝わる使い方をすべきなのです。

 成功談を語るなら

新入社員との心理的な距離を縮めたいならば、成功談ではなく、断然、失敗談を語ることです。

そもそも成功談よりも失敗談のほうが、よほど聞く人にとって参考になります。

目の前にいる社長が、ここに至るまでどのような苦労をして、どのような思いでその失敗を乗り越えてきたのか、失敗談を語るあなたの人間性がより伝わりやすくなります。

失敗や困難にくじけず立ち向かった結果として成功を手にしたのであれば、苦しみを経ての成功談ですから、聞いている社員たちから素直に尊敬を持って受けとめてもらえることでしょう。

成功談を持ち出すならば、その成功につながった失敗談とセットで伝えられると良いですね。

もし、特段の困難もなく上手くいってしまった成功談などは、「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし。」という言葉にもあるように、成功した要因もあまりはっきりしないので、社員にとってあまり参考になりません。

失敗談から這い上がった成功談こそが語る価値のある成功談なのです。

そして、社長自らが失敗談を語りかけることには、もう1つ大きな意味があります。

新入社員は、入社したばかりの職場で失敗することを恐れています。失敗したくないと思っているのです。これは、新入社員に限ったことではなく、社員はみなそのように思っているかもしれません。

しかし、失敗を避けようとすれば挑戦も生まれず、社員に十分な力を発揮してもらないことになります。これはもったいないことです。

もし、社員にあなたの失敗談を語ることができれば、「社長もたくさん失敗してきたのだ、失敗してもそこから成功を目指して頑張れば良いのだ」と感じてもらうことができるのです。

社長の失敗談は、今から自社で仕事に取り組もうとしている新人の背中を力強く押してあげることができます。それだけでなく、ベテラン社員の気持ちにも、「それなら、自分も挑戦してみようか」という意識の変化を起こす可能性も高まっていきます。

社員教育として経営者の貴重な経験を社員の成長に役立てるためには、成功談よりも失敗談のほうがずっと効果的だと言えるでしょう。

経営者として、あなたの失敗談を社員に向けて恐れずに語りましょう。そして社長と社員が気持ちを分かち合う社風を育てていきましょう。

 

PS
お客様との絆づくりには、こちらのガイドブックがお役に立つでしょう。
無料プレゼント中
小さな会社のための『”絆で集まる”集客システム構築ガイドブック』

関連記事