公開日:2017/09/17

リピート対策をせず、新規集客をしてはいけない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長期にわたって売上げを伸ばすためには何が重要だと思いますか?

新規集客、確かに重要です。お客さんが増えなかったら売上げが伸びませんね。
ですが、それは短期的にはそうでも長期的には厳しい選択です。

では何かというと、1度購入してくれたお客さんに何度もリピートしてもらうことなんです。
なぜなら、新規集客で売上げを伸ばし続けるには、常に広告を出し続けるなど大きな費用がかかり、利益率もかなり低くなります。

一般的には、新規のお客さんを獲得するためには、既存のお客さんの5倍~10倍のコストがかかるといわれており、新規のお客さんだけに注力していると、コストが見合わなくなってしまいます。


もう一つ、リピート対策に力を入れるべき理由として、80:20の法則というのがあります。

ビジネスでは、8割の売上げは、2割の優良顧客が生み出しているという法則です。
(80:20の法則とは、パレートの法則といって、ビジネス以外にもいろいろな事象に当てはまる法則です)

なので、1度あなたの商品・サービスを買ってくれたお客さんにリピートしてもらうこと、何度も買ってくれるリピーターを増やすことに労力をかけたほうが効率がよく、成果につながりやすくなります。

そしてなによりも、何度もあなたの商品・サービスを買ってもらうなかで、お客さんとの関係性を構築していくことで、商品・サービスの案内が、売込みではなく提案として受け入れてもらいやすくなるのです。

では、実際のシーンではどうでしょうか。

例えば、あなたが飲食店の経営者で、お店の新メニューをSNSで発信したとします。
それを見たお客さんが、あなたのお店のリピーターなら、割引などなくても注文してもらえる確率は高いですが、あなたのお店を知らないお客さんであれば、割引などの魅力的な提案がないと受け入れてもらいにくいですよね。

では、今度は立場を変えてみます。

例えば、あなたが外に食事に行こうとしてお店をネットで探すとします。
いろいろ検索していく中で、割引クーポンや口コミでの評価が高いなど、なにかしらの魅力もしくは安心感がないと、なかなか知らないお店には行きづらいですよね。

それで、いつも行っているお店や大手チェーン店などに行ったりしていませんでしょうか。

このように、新規のお客さんに選んでもらうのはなにかとハードルが高いですね。

それがあなたのお店のリピーターであれば、あなたの商品・サービスがお客さんの選択肢のなかで、選んでもらいやすくなるのです。
これは、広告や宣伝などをしてお客さんが来るのを待っている商売から、こちらから提案のできる攻めの商売に転じることにもなります。

ではどうやってリピートを増やすのか?

興味をもっていただいたあなたに、こちらの動画で詳しくお話しいたします。

この実践講座の講師を務める楠瀬健之が
あなたの集客をサポートするサービス
中小企業経営支援会はこちらです。↓

関連記事