お客さんを囲い込んでビジネスするなんてズルいですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここでは、とある歯科医院での集客の取り組みをご紹介します。

「歯医者の集客?そんなもの関係ないよ!」と思ったあなた!
間違っていますよ!!

この歯科医院の集客法は、歯科医院独自のものではありません。逆に、一般のビジネスの「最強の集客法」を自分の医院に適用しているのです。

ですから、あなたが、この「最強の集客法」を逆輸入すれば、ちょっと変わったあなた独自の「最強の集客法」が作れます。

嘘だと思うなら、これを最後まで読んでください。
 

歯科医院の「最強の集客法」

この歯科医院の「最強の集客法」とは、お子さんの患者さんを対象に「無料の会員制クラブ」を作っていることです。

このクラブに入ると患者さんは、以下のような様々な特典を得ることができます。

・定期的な歯磨き教室に親子で参加できる
・通常、数百円から数千円の虫歯になりにくい歯を作るフッ素イオン導入が無料
・歯の耐酸性を強化するレーザー歯質強化が割引される
・高額な小児矯正も割引される

それだけではなく、母親と楽しめる各種イベントを毎月開催しています。

ハロウィンやクリスマスは当たり前。母の日や七夕などのイベントや「お母さん似顔絵コンテスト」など、毎月何らかのイベントを開催しています。もちろん、参加費は無料です。

また、妊娠中のお母さんを対象とした情報提供や、乳幼児・子どもの食育に関する情報なども提供しています。

つまり、クラブメンバーに対して、自らが提供しているサービス(ここではフッ素やレーザー歯質強化など)を無料や割引で提供するとともに、自分のところのノウハウをコンテンツとして提供しているのです。

しかも、メンバー同士が集まりやすい場も提供しています。ここで注意してもらいたいのが、治療を受けるのは子供達ですが、お母さん達が集まりやすい環境にしているということです。これは、お子さんを相手にしているビジネスで大切なことです。どんなにお子さん受けが良くても、お金を払うご両親にもメリットがないといけない、ということです。

お客さんはどう思うでしょうか?

最初は、入会金、月会費無料ですから損もしないので、とりあえず入会するでしょうね。そうしたら、無料で試せることをやってもらうでしょう。

そのうちにイベント開催の案内が来ますが、知っている歯科医院からの案内ですし、自らは会員なので、かなりの確率で参加するでしょう。

そのイベントには似たようなお母さんや子供達が集まっていますので、そのうちに友達ができます。お子さんもお母さんも。そうなったら、なかなかこのクラブから抜けられなくなりますよね。

そうしたら、クラブの特典以外の治療も、その歯科医院で受けるでしょうし、歯科医院との関係性も深まっていますから、メンバーの何人かは、ホワイトニングや歯並びの矯正などの高額な治療を受ける人が出てきます。

つまり、このクラブは、クラブの特典で会員さんを集め、定期的なイベントや情報提供で会員さんとの関係性を深め、優良な患者さんを囲い込む役割を果たしているのです。

しかも、このクラブは、それだけではありません。

口コミだけで集客できます

子供達はイベントに行って楽しかったら、学校でその話をするでしょう。それを聞いた友達は、当然、自分も行ってみたいと思うはずです。そして、自分の両親にその話をします。

一方、ご両親の方はというと、子供から聞いたり、あるいはママ友からその話を聞きます。その結果、クラブ入会費も月会費も無料ということだし、子供も行きたがるし、ママ友からも誘われるので、かなりの数が入会していくでしょう。

そうなるとどうなるでしょうか?

それまで別の歯医者に行っていた患者さんが次々と集まってきます。そうなったら、別の歯医者さんはたまったものではありません。若い、有望な患者さんが次々と抜かれていくのですから。

しかも、文句を言っても始まりません、クラブを運営している歯科医院が、無理やりに引き抜いているわけではなく、口コミで集まってきているのですし、何なら、自分の医院でも同じことをすればいいのですから。ただ、その時には、サル真似にならないように、かなり知恵を絞らないといけませんが。

これは、巷にある「会員制ビジネス」にヒントを得た集客法だと思います。この方法のポイントは、以下の3つです。

優良なコンテンツや商品・サービスを格安で提供する

常に会員メンバーを飽きさせない工夫をする

頻繁に接触する機会を設けて、関係性を深める

あなたは、何らかのビジネスをやっているはずですから、お客さんよりも知識も経験も豊富です。それらをコンテンツ化したり、本来の商品やサービスから、ちょっとした商品やサービスを作って提供して、会員を集めることは可能なはずです。

そして、メンバーを飽きさせないようにするには、メンバーに「どんなことがやりたいか」「どんなものが欲しいか」「どんな体験がしたいか」を聞けばいいのです。

そして、そういった情報や案内などと一緒に、あなたの会社やビジネスのことをお知らせしたり、メンバーの誕生日にカードを送るなどをして、連絡を密にして、関係性を深めればいいのです。

これらは誰にでもできることです。この話を何度も読み直して、あなたのビジネスでお客さんを囲い込み、二度と集客で悩まない「会員制ビジネス」を構築してみてください。

P.S.お客さんとの関係性を深めて、あなたのビジネスを楽に、楽しくするアイデアがココにあります

「絆で集まる」集客システム構築ガイドブック

関連記事