中小企業がやってはいけない、動画の使い方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Youtubeやスマホの登場によって、一気に最先端のプロモーション手法となった「動画プロモーション」。


いわゆるコンシューマー向けだけなく、BtoB
の分野でも猛烈な勢いで動画が活用され始めています。

私も色々な場面で動画を使い、新規開拓や商品販売への活かし方を研究してきましたが、その中で分かってきたメリットは4です。

 

最新のマーケティング「動画プロモーション」4つのメリット

①圧倒的な伝わりやすさ

②お客様との関係性構築に最適

③疑似対面セールスが可能

④お金が掛からない
  

文書より動画を見せた方が、圧倒的に分かりやすいのは説明不要でしょう。どんな人間なのか人柄も伝わる為、お客様と信頼関係を構築するのにも最適です。また、そのおかげで(現状では唯一)対面セールスと同等の効果があります。


そして何より、
Youtubeにアップするだけならお金は掛かりません。撮影も自分のスマホで十分です。お金を掛けずに、効果的なプロモーションができる只今イチオシのメディア=が「動画」です。

中小企業であれば尚更このメリットを活かさない手はありません。何しろお金を掛けずにルート営業や提案営業が出来るようなものなのですから。

しかし、です。

残念ながら動画というとPV(プロモーションビデオ)を思い浮かべてしまい、メリットを活かせていないお客様が多いのも事実です。

それを説明する前に、中小企業…の中でも特にBtoBにおける動画プロモーションの種類を解説します。主に下記の4つがあります。

 

BtoBにおける動画プロモーションの種類

 ①コンテンツ動画

 ②セミナー動画

 ③説明動画(使い方など)

 ④PV(プロモーションビデオ)

 

コンテンツ動画

自社の商品やサービスを使って、どうお客様の課題解決をするか、メリットになるかと伝え、関係性を構築する為の動画です。

工作機械の日常メンテナンス方法を複数回に分けて配信したり、CAD/CAMソフトの便利なコマンドを配信したり、といった用途が考えられます。

セミナー動画

勉強会やセミナーの様子を動画コンテンツにし、それを特典として配信したり、アフターフォローに使ったり、という用途があります。

コンテンツマーケティングのスタートとしては最も手軽で、弊社でもオススメの動画プロモーションです。

説明動画

これは商品説明や使い方を動画で解説したものです。チュートリアルや取扱説明書の動画版です。お客様にとっては便利で喜ばれますが、セールス用途ではありません。

PV(プロモーションビデオ)

会社や商品のイメージアップに使われます。派手で目を引きますが、セールスに結びつく可能性が低く、使い方は選ぶ必要があります。

やってはいけない動画の使い方

『流行だし、新しい会社のPRになる!』と、動画を始めようとして間違いやすいのが・・・・「PV(プロモーションビデオ)」「面白い動画」を作ってしまう事です。

ハッキリ言って、いくら格好良いPVを作っても、どんなに面白い動画を作っても、商品やサービスのセールスにつながりません。

スポーツやアート・美容など、イメージが重要な業界なら別ですが、我々の製造業界において、格好良いPVのおかげで商品やサービスが売れたという事例は皆無です。

ユーチューバーのような面白い動画も同様です。せいぜい仲の良いお客様が「見たよ!」と言ってくれるぐらいのものでしょう。

作っても無駄とは言いませんが、我々の目的は「いかに商品や会社に興味を持ってもらい、正しくメリットを感じてもらい、セールスにつなげるか」です。

イメージアップのPVや面白い動画は息抜き程度にしておくべきでしょう。

動画プロモーションは関係性構築、商品・サービスの価値提案を目的にするべき

動画プロモーションはマーケティングの一つの方法です。そしてマーティングとは、買ってくれそうなお客様を集めて、信頼関係を構築し、セールスしやすくする行為を言います。

お客様は、なぜ商品やサービスを買うのか?シンプルです。

自分の問題を解決する為です。

 

そう考えれば動画プロモーションの役割とは、「伝わりやすさ」「分かりやすさ」という絶大なメリットを活かし、問題の解決をお客様に伝える事なのです。

どんなに格好良いプロモーションビデオを作っても、資料請求や問合せには繋がりません。 

我々中小企業が目指す動画プロモーションとは、お客様と関係性を構築し、お客様の問題や課題に答えるものであるべきです。


その為には、お客様と絆をつくっていく過程の、どんな場面で動画を活用すれば良いのか、ビジネスモデル全体の設計が必要不可欠です。
動画を始めたい、という方はまずこの点を注意してみて下さい。

p.s.

最も重要なのは「お客様と絆をつくる」場面を思い浮かべる事ですが…それが分からないから苦労している?そんな方はここでビジネスモデルを見直す事をおすすめします。

「絆で集まる」集客システム導入完全個別サポートプログラム2.0

関連記事