公開日:2017/10/07

ホームページを活用して自動的に売上げを上げる仕組みとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中小企業庁の調べでは、2012年の時点で中小企業の85.6%が自社でホームページをもっています。
今だともう少し増えているかもしれません。

ですが、その多くの企業がホームページを使って収益を上げられていない状況です。

あなたの会社はどうですか?もし同じような状況だとしたら、ホームページがうまく活用できていないかもしれません。

ホームページの活用で大事なことは、ホームページで新しいことをするのではなく、今のビジネスでうまくいっている導線上にホームページを組み込むということです。

どういうことかと言うと、集客から成約までの業務の流れの中で、どうしても人じゃないとできない部分以外にホームページを配置するということです。

例えば自動車メーカーの場合。

メーカーの最終的な目的は車を売ることですが、メーカーのホームページでは車は直接販売していませんよね。車の場合、高額ですし、アフターサービスなどのもろもろを含め、ホームページだけで成約にいたるのは難しいので、販売店で試乗してもらったり、営業マンとの商談で成約する流れになりますね。ですからこの場合のホームページの役割は、車を魅力的に見せてお客さんの興味を引き、販売店へ誘導することになります。

このように、ホームページには役割を持たせてビジネスの導線上で活用することで、自動的に集客し、売上げを上げる仕組みを構築することができるのです。

あなたのビジネスでも今すぐ取り入れることができるのではないでしょうか。

さらに詳しい内容をこちらの動画でお話していますので、是非ご覧ください。

関連記事



 

error: Content is protected !!