公開日:2017/05/11

資金調達経営計画書作成サポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「会社を拡張したいけど資金が足りない」「売り上げが少なく運転資金が足りない」というような場合、銀行融資の申し込みなど、資金調達をお願いすると思います。

しかし資金調達をお願いしても「事業実績の不備から融資を断られる」「無茶な金利と返済計画を押し付けられる」「希望額の融資が実行されない」というようなことが起こりえます。

これは、事業計画書に記入する事業の正当性や将来性、根拠のある数字などをはっきりさせていないことが原因です。希望の融資を得るためには、正当性や将来性、根拠などがしっかりと記載された事業計画書が必須となります。

 

とは言え、ほとんどの経営者はこう言った作業が苦手です。そこで、中小企業経営支援会のパートナーにお願いして、資金調達用の事業計画書の作成を全面的にサポートすることにしました。

この支援に携わって頂くパートナーは、某メガバンクの本店で最年少役員に就いていた実績のある方です。銀行の裏の裏まで知り尽くしているため、銀行に融資を断られたり、無茶な金利を迫られたりせず、スムーズな資金調達を可能にしてくれるでしょう。

資金調達経営計画書サポートを利用すると、銀行の融資担当者が喜ぶ事業計画書を作成できます。そのため、上席や支店長からの稟議もおりやすく、希望額以上の融資が実行される可能性が高くなります。また銀行からの信頼も高くなるため、銀行があなたの事業の味方となり企業評価も高まります。

関連記事

助成金申請代行

助成金とは国が推進する制度で、返済不要で使用用途の制限がない資金となります。財源は私たちが支払ってい

記事の続きを読む

コメントを残す

*



 

error: Content is protected !!