公開日:2018/01/25

中小企業の成功する採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:脇田優美子

人手不足で思うような人材を採用できない状況が日本中で起きています。特に中小企業ではその実感が強いのではないかと思います。

しかし、働き手がどんどん少なくなる中、黙って眺めていても、良い人が自社に集まってくれることはありません。

経営者として自社をこれからも継続していきたければ、採用は会社の発展の重要課題です。

今回は、中小企業の採用について必要な考え方をお届けします。

 

 あなたの会社の目的は何か

就職先を探している人に対して、あなたの会社が、ただ目の前の業務を処理するためだけの従業員を募集していると思われてしまったら、応募してもらえることはないでしょう。

あなたの会社が何のために存在しているのか、どのようにして世の中の役に立とうとしているのか、明確に示すことが大事です。

理念、ということばで言われることも多いですが、中小企業経営者の方からは、「うちみたいに小さいところで、理念なんてものをきちんと考えたことがなかった」という話もお聞きします。

そうであれば、ここで改めて、あなたの会社の経営の目的を、しっかりとことばで示せるようにしておきましょう。

なぜ、自社の経営の目的がきちんと整っていることが、採用にかかわるのかというと、これから就職先を検討している人から見た時に、働く意味を見出すきっかけとなるからです。

働き手の就職の動機として、収入を得ることが大事な面はたしかにあるでしょう。

しかし、どの会社で働きたいかと考える時、自分が働くことで誰かを幸せにできる、何かの役に立てる、ということが見えない会社に勤めたいとは思わないでしょう。

 共有できる目標があること

会社の目的が定まっていれば、その目的を実現するための目標があるはずです。

採用に際しては、この目標を具体的に伝えることも重要になります。

自社がどこを目指して、何を達成しようとしているのかわかりやすく説明することで、就職を考えている人が、自分の働く姿と、具体的な仕事の内容をイメージできるようになります。

そして、会社の目的と目標を明確にできると、そこから自然に、自社で働いてほしい人がどんな人なのかを明確にすることができます。

例えばある企業の例では、「喜びと感動を与える人」に入社してほしいので、面接では、一緒にいて楽しい気持ちになれそうな人かどうかを重点的に見ているそうです。

この時、不自然に明るく振る舞っていたり、無理をして明るくしている人は採用しないのだそうです。

自社の目標を達成するためには、このような部分を大事に考える必要があるのですね。

なんとなくで採用してしまって、入社した人が自社と合わないのでは、互いに不幸になってしまいます。

 経営者は諦めてはいけない

中小企業の採用では、社長が自ら面接に臨むことが多いと思います。

「なんでうちの会社には、こんな人しか応募してくれないのだろう?」

もしそう思っているなら、それは自社の目的と目標がきちんと示せていないからかもしれません。

待遇や職場環境を整えることももちろん大切ですが、自社の存在する意味を、正直に真剣に伝え続けていれば、そこに共感と魅力に感じて、いずれ良い人がきてくれるように変わっていくことでしょう。

まずは、じっくり本気で考えて、それを文字やことばで発信していきましょう。

人材採用には、会社から応募者へ向けてメッセージを送り、絆をつくっていくことが大切なのです。

 

PS
お客様との絆づくりにはこちらが役立ちます↓

無料プレゼント中!クリックして手に入れてください
小さな会社のための『”絆で集まる”集客システム構築ガイドブック』

 

関連記事