公開日:2018/02/11

デザインにたった1つの要素を足しただけで集客力が倍増した整体院チラシの作り方【サンプル画像あり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
整体院集客成功チラシテンプレートダウンロードボタン

整体院を経営されているあなた、

  • 商圏を今よりも広げ、遠方からの新規患者を集客したい
  • 今以上に売上を伸ばしていく方法が知りたい
  • 閑散期でも売上がコントロールできるようにしたい

こんな悩みはや問題を抱えていませんか?

もし、それらの問題を解決する方法があるとしたら、今すぐ試したいですよね。

そんなあなたに朗報です!

今回は、整体院で集客に成功している事例の中でも、ある整体院がチラシを使ってさらに売上を伸ばした事例をご紹介します。

この記事を読めばあなたも、

  • 伸び悩んでいる集客の問題を解決し、さらに売上を伸ばすことができます。
  • 近くにライバル店が出店しても、売上低下の不安を感じることもなくなります。
  • 自分で集客と売上をコントロールすることができるようになります。

今回は、整体院がお客様を集めるためのチラシの作り方から、集客問題の解決法について解説をしていきます。あなたが、新規のお客様を継続的に集め、売上を底上げし安定させるために、この記事がお役に立てば幸いです。

開業から7年が経ち、さらに集客力を伸ばしたいと考えた整体院の話し。

今回の集客成功事例は、沖縄県の那覇市から少し離れたところにある人口38,271人ほどの地域にある整体院の事例です。人口が密集している地域でもなく、生活主要道路に面している訳でもなかったため、院の前にある道路を使う人以外にはあまり広く知られているような院ではありませんでした。

そのため、集客の大部分はこれまで「紹介」や「ネットからの検索(そこまで多くはない)」がメインで、「通りがかり」がチラホラいるかな、という程度でした。開業して8年ほど経った頃、新たな集客導線を増やすためにチラシを使った集客を行うことになりました。月の新患さんが20人に届かないくらいになっていたので、なんとか20人後半、できれば30人に届かせることを目標にしました。

まずは、「この地域で8年やっているとはいえ、まだこの院の存在を知らない人が地域に確実にいる」ということを念頭に広告案を作成。もともと使っているチラシで、1人/1,000枚の反応率で集客できていたため、このチラシをもとに遠方のお客さまにもご来院していただけるように改善をしました。そして、完成したチラシを配布を、店舗から半径5キロ以上離れた2ヶ所の地域で配布しました。

その結果、1つのエリアでは10人/10,000枚の反応が得られました。

そして、もう1つのエリアでは、13人/15,000枚の反応を得ることができました。

なぜ遠方からも集客をする必要があるの?

人口が密集している都市部であれば、店舗周辺のエリアにチラシを撒き続けても新規集客をしていくことができます。

しかし、人口密度が薄い郊外エリアに店舗がある場合や、そもそも人口の少ない地方で店舗を運営をされている場合では、同じエリアにチラシを撒き続けていると、どうしても頭打ちになってしまいます。

そこで、店舗周辺エリアだけではなく、少し離れたエリアからも集客をしていく必要性が出てきます。しかし、ただでさえ新規集客をするのが難しいのに、遠方にお住まいの方を集めることはできるのでしょうか?

どうすれば遠方にお住まいの方をチラシで集客できるのか?

店舗から「5キロ以上離れた場所にお住まいの方」にご来店いただくためには、チラシに「遠方からでも来たくなる」ような工夫をする必要があります。
では、どうすれば遠方からでも来たくなるのでしょう。

その方法とは、、、

「車で行っても大丈夫?」という疑問に答える

整体院に車で行っても大丈夫ですか?はい、駐車場完備ですので大丈夫です!

遠くから来院される方が持つ疑問として、「車で行っても大丈夫かな?」「駐車場はあるのかな?」といったことがあげられます。この疑問を解消するために、「駐車場完備」の文言と、実際の駐車場の写真をチラシに追加しました。

たったそれだけのこと?と思われるかもしれませんが、まだご来院されたことのない方が抱く不安をすべて取り除くことが、新規集客では重要なポイントになってきます。

地図の掲載範囲を広げる

地図の掲載範囲を広げる

遠方から来られる方の場合、店舗周辺の地理に詳しくない可能性もあります。そこで、今まで店舗周辺だけのだった地図を、チラシ配布エリアから店舗までの広範囲のものに変更し、わかりやすくしました。せっかくチラシを手に取って見ていただいても、「場所がよくわからないから」という理由で離脱してしまうことを防ぐ効果が期待できます。来院しない障害や理由となるものも、すべて取り除いていくことも、チラシの反応率を上げる上で重要なポイントとなります。

「ここなら治るかもしれない」と感じてもらう

ここの整体院なら治る!と感じてもらうことが重要

わざわざ遠方から来ていただくためには、「他ではなくこの整体院に行きたい!」と思ってもらわなければいけません。そこで、施術自体の内容を深く掘り下げて「ここなら治るかもしれない」と感じてもらい、遠くからで行く価値があると感じてもらう必要があります。

実際に使用されたチラシと事例を紹介

それでは、実際に遠方からお客様を集めたチラシの改善前後のビフォーアフターの画像をご覧ください。

先述の通り、車で来ても大丈夫であると感じてもらうため、遠方からも多くのお客さまがすでに多く来られていること。そして、駐車場があることをわかりやすく記載しています。

また、チラシを配布したエリアから店舗までの道筋がわかるように、通常よりも範囲を広げた地図を掲載しています。

こちらの改善後のチラシを、店舗より50キロ以上離れた地域の中で、反応が取れそうな2つの地域に限定し配布したところ、、、

1つめの地域では、チラシを10,000枚配布し、10件の新規客を獲得することに成功しました。反応率でいいますと、0.1%となります。

そしてもう1つの地域では、チラシを15,000枚配布し、13件の新規客を獲得しました。こちらの反応率は、約0.09%とやはり0.1%近い高反応を得ることが出来ました。

また、同時期に店舗より半径5キロ圏内の近隣エリアにも改善前のチラシを配布しましたが、こちらもチラシ5,000枚配布で6人集客、反応率0.12%と高い反応が得られました。 

最後に:集客できるチラシとできないチラシのデザインの違いは、ほんの少しのこと

このように、チラシに「遠方からのお客さまが来やすくなる工夫」の要素をたった1点追加するだけで、それまでご来院される機会の無かった遠方にお住まいの方を集客することができるようになります。

もしあなたが、新規集客で悩んでいたり、商圏を広げて行きたいと考えているのなら、今回ご紹介したテクニックを使うことで、その問題をすべて解決できるはずです。たったコレだけのことでホントに差が出るの?とあなどらず、ぜひご自身のチラシにもこちらの要素を追加して使ってみてください。

チラシ作成に慣れていないと、どうしても1つのチラシで広範囲をカバーしようとしてしまいますが、今回のようにたった1つのポイントを追加するだけでも同じチラシの集客力をさらに向上させることができます。

この他にも、「新しいお客様を増やし、リピート来店してもらい、利益を倍増させる!」
そんなチラシや集客ツールが、どんどん作れちゃうアイディアをお探しなら、
ぜひこちらも参考にしてみてください。↓

整体院集客成功チラシテンプレートダウンロードボタン


事例提供

関連記事

コメントを残す

*