公開日:2018/10/01

デザイン超初心者のためのチラシ配色講座

チラシやニュースレターを作る際、なんだかいつも配色やレイアウトがワンパターンになってしまう。ってことありませんか?

だからちょっと色使いを変えてみようか?

なんて思って、自己流でやってみると、どぎつい色使いになり、余計素人っぽくでダサいデザインになってしまって結局収集がつかなくなる・・・。

例えば春のお花見の季節のチラシ。

桜をイメージしたピンクの文字や背景にしようと思ってやってみると、、、

なんだか”怪しいお店”のチラシみたいなものが出来上がってしまいます。

ピンクチラシ

そんなことの繰り返しで、

「自分ってセンスないな・・・」

と落ち込んでしまい、広告作成するのが嫌になってしまう。

このように、広告作成の中でも、上手く色が使えず挫折してしまう人も多くおられます。

そこで今日は、チラシやニュースレターを作る際に、どうすれば綺麗な色使いをすることができるのか?

広告作成の中でも、配色に関してのちょっとしたコツを解説してみたいと思います。

綺麗な色使いが出来ない原因

まず、デザインに不慣れな人が作ると、どうして変な色使いになるのかを考えて見ましょう。

皆さん、さまざまなソフトを使ってデザインをされると思いますが、文字や図形の色を選ぶ場合、パレットと呼ばれる色が沢山並んだ画面から選びますよね。

そこで、「どの色にしようかなぁ?」と考えて選ぶ訳ですが、やはり選びやすい「黒・赤・青・黄色・緑」といった、子供の頃から絵の具や折り紙で馴染みのあるはっきりとした色を選びがちです。

〇〇ブルーとか、〇〇レッドなど、なんだかよくわからない中途半端な色って、なかなか選べませんよね?

すると、どうでしょう?

あっという間に、どギツイ色使いで怪しさ満点の広告が完成してしまいます。

つまり、ほとんどの人が色に対し使い慣れていないということが、皆さんが広告の色使いで苦労される原因なのです。

なんだかチラシの色使いが、テレビのカラーバーか、お茶漬けのパケージみたいになってしまった!なんて経験ありませんか?

TV

だからといって、デザインや色使いの基本から勉強をするのはちょっと面倒くさいなぁ。と、誰だって思いますよね。

なので、次のことを参考にしてみてはどうでしょう?

テーマカラーを決める

広告で使う色を使う際は、その場のノリで決めるのではなく、まずはテーマカラーとなる3色を決めると、バランスよく配色をすることができます。

テーマカラーとは、

  • ベースカラー
  • メインカラー
  • アクセントカラー

の3色です。

ベースカラーとは、背景など、広告の中でも一番使う面積が多くなる色のことです。

そしてメインカラーは、その名の通り、その広告で一番メイン、テーマとして使いたい色のことです。

3つ目のアクセントカラーは、クーポンや割引券など、広告のなかで特に目立たせたい部分に使う色です。

ダイレクトレスポンス型の広告の場合、クーポンや割引券などは、ほぼ『赤』が定番色となっています。

お客さま側でも、割引券などは『赤』という認識が強いので、ここはあえて違う色を使わず、定番の『赤』を使うのが無難です。

となると、決めるのは2つ。

背景のベースカラーと、メインで使いたいメインカラーとなります。

ここで色の理論などを持ち出すと、専門的になってしまうので、初心者には次の章でお手軽な方法をおすすめします。

その前に、ベースカラー、メインカラー、アクセントカラーを使うバランスですが、

  • ベースカラー   70%
  • メインカラー   25%
  • アクセントカラー 5%

こちらの比率がバランスがよいとされていますので、覚えておくとレイアウトもしやすくります。

初心者向けの色の決め方

三原色、色相環、暖色、寒色、補色など、さまざまな要素や理論がありますが、初心者が下手に手を出すと混乱してしまいます。

そこで、おすすめなのが、配色の見本をいろいろと掲載してくれているサイトをお手本にすることです。

googleなどの検索エンジンで『配色 組み合わせ』『配色 パターン』などのキーワードで調べるとたくさん出てきますので、ぜひ検索してみてください。

プロが綺麗に見える色の組み合わせを紹介してくれているので、イチから色の相性などを考える手間が省けます。

そんなサイトの中でも、ちょっと面白かったのがこのサイト↓

雑誌の表紙に使われている色使いを調べて教えてくれる、というものです。

本や雑誌の表紙からホームページで利用できる色を調べよう
Color of Book

世の中には、さまざまな雑誌がありますが、その中から男性向け、女性向け、年代別、ジャンルなど、さまざまな角度で雑誌を探し、その表紙に使われている色を分析することができます。

素人が色のパターンを複数考えだすのはとても無理なので、ぜひこうしたサイトを利用してみてください。

まとめ

今回は、ど素人でもできる広告の配色方法について考えてみましたが、ポイントは2つ。

使う色を3つに絞り最初に決めてしまうこと。

そして、どの色を使うかは配色のサイトや、雑誌など、プロの仕事を参考にするということでした。

色やデザインに関しての専門的なノウハウは様々ありますが、正直、素人の手に追えるものではありません。

ですので、ぜひ、シンプルな考え方、そして手間をかけずできる方法を活用して、広告を制作してみてください。

チラシの配色だけでなく、簡単にかっこいいデザインをする方法が知りたい!

そんな方には、こちらの記事もおすすめです。↓

お金と時間をかけず無料でかっこいいチラシをデザインする方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

スマホユーザーの7割が見るのをやめたHP、秘密は3秒?

失敗をイメージすると上手くいく?

前の記事を見る

スマホユーザーの7割が見るのをやめたHP、秘密は3秒?

次の記事を見る

失敗をイメージすると上手くいく?

関連記事

コメントを残す

*

CAPTCHA