公開日:2017/09/28

社員やパートがすぐ辞める理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:脇田優美子

人手不足が加速しています。大手企業でも人財確保が難しくなっている中、中小企業ならなおさらのことです。
今回は中小企業のヒトの問題を取り上げます。

 

なぜ従業員がすぐ辞めてしまうのか?

せっかく雇った社員やアルバイト、パートの人が次々辞めてしまう。あなたにはそんな悩みはありませんか?

従業員がしょっちゅう入れ替わると、度重なる採用に時間と経費がかかるうえ、仕事を覚えてもらい戦力化するまでの教育にもコストがかかることは、経営者なら十分承知していることでしょう。従業員にはできる限り定着してほしいのにそうならないのはどうしてでしょうか?

確かに大企業のような恵まれた条件で採用することなどできないかもしれませんが、離職率が高い状態が続いているとしたら、何が問題なのでしょうか?

 

経営者は見られている

中小企業のように経営者と社員やパートさんとの距離が近い環境では、経営者であるあなたが思っている以上に、従業員はあなたのことをよく見ています。
あなたの発する言葉や行動から、あなたの本心を敏感に感じ取っているのです。

表向きな場面や口ではきれいごとを話していたとしても、身近で接していれば人は本音を読み取れるものです。
あなたが経営者として、あなたの下で働いてくれる人をどう扱っているのか、本当のところはどう思っているのか、ということをかなり正確に読み取っているということです。

もし最近あなたの会社で従業員がなかなか定着しないのだとしたら、あなたは彼らから「言っていることとやっていることが違う経営者だ」「自分たちのことを大事に思ってくれていない」そんな風に受け止められているのかもしれません。

 

報酬で解決できるのか?

それなら、報酬を多く支払えば社員でもパートさんでも辞めずにとどまってくれるでしょうか。

それは意外に難しいのです。
従業員の会社に対する思いは、中小企業の場合は経営者であるあなたに対する気持ちそのものだからです。

あなたの従業員に対する接し方に納得がいかなければ、やる気を失って他へ移ることを考え始めるでしょう。彼らは仕事をしたくないのではなく、あなたの下で働きたくない、と判断するのです。

よほど高額な報酬であれば社員も少しは我慢するかもしれませんが、最終的には、人の心はお金では買えません。あなたが経営者として、自分の人生だけでなく、従業員の人生にも思いを持っていなければ見透かされるのです。

 

従業員が欲しているものは何か?

報酬を引き上げたとしても解決できない離職の問題、いったいどこに解決の糸口があるのでしょうか?

それは経営者の立場から、従業員を気遣うことです。

報酬を支払った挙句にそんなことまで?と思うでしょうか。

でも、少し考えてみてください。
相手もあなたも同じひとりの人間です。毎日感情を持って生きています。あなたの会社で仕事をしている間ずっと感情を動かしながら、あなたという経営者を見ています。そして感情で物事を決めているのです。

試しに今日から、従業員ひとりひとりに声をかけてみてください。

これまで、従業員の悪いところばかり目について小言しか言ってこなかったなら要注意です。小言を言われた本人だけでなく、それを見ている従業員まで嫌気がさして辞めたくなっていたかもしれません。

従業員の至らない点を指摘するなら、それと同じかそれ以上に、進歩した点や良い振る舞いについても指摘してやらなければ、人はついてこないでしょう。

適切な声かけをしようと思うなら、従業員ひとりひとりの小さな変化を日々見逃さないようにしなければなりません。それには当然、従業員に対するあなたの愛情が必要でしょう。
かれらの小さな頑張りや一歩ずつの成長は、日頃から目をかけているからこそ気づけるようになります。そんな気遣いから出てくるあなたの言葉には、自然と説得力が込められてくるのです。

社員やパートさんに対する気配りや心遣いを持った経営者の言葉や態度は、従業員のやる気を高めます。

人は自分を見てくれる人のために働く。

このことをいつも忘れずに、人が定着してくれる会社にし続けていきましょう。

PS
経営者の在り方をしっかり学びたいあなたには
こちらがぴったりです↓
>>中小企業経営支援会

関連記事



 

error: Content is protected !!