公開日:2018/08/13

どうして2代目社長はダメになることが多いのか?

2代目社長の受難

テレビをつけてワイドショーやバラエティー番組を見てみると、特定の名前をあげるまでも無く、活躍している2世芸能人、2代目芸能人が非常に多いことに気づきます。

しかし、彼らの扱いはいわゆる「親の七光り」というものであり、自らの実力で番組に出演したり、話題にしたりしてもらえているわけではないというものというように感じられます。

そして、例えば2世タレントが不祥事を起こした場合、本人に対しては、

「七光りを自分自身の実力と勘違いした」
「常識が備わっていない」

などという辛口な論評がされること多いと思います。

「2世だから」というバッシングがなされがちなのは、芸能人ばかりではありません。
中小企業経営の世界でも、とかく創業者の子である「2代目」はバッシングにさらされがちです。

2代目は多くの場合、能力を証明したわけでもないのに早くからポストにつき、一般社員より給料も恵まれていることが多いです。

だから古参役員から、

「苦労知らずのぼんぼん」とか
「血がつながっているだけで社長になった」とかと、

陰口をたたかれ、ちょっとした不注意でも集中攻撃されやすくなります。

本当に2代目、3代目社長が会社を潰してしまうのか?

例えば現在世間の注目を集めているあの会社など、2代目社長が会社の主導権を握ったら売上が大きく落ちたとか、業績が悪化して会社の存続を危うくしたとか、会社を潰してしまうことも良く聞くような話です。

そうすると、やはり客観的に見ると創業者の先代が経営者として優れていて、その後を継いだ2代目社長はダメダメということになりそうです。

ところで、会社には4つの未来しかないと言われています。

それは、

  1. 倒産・解散・清算
  2. 家族オーナー会社として存続する
  3. M&Aで経営権を譲渡する
  4. IPO株式公開をする

の4つです。
そして、ほとんどの会社が 1.の運命を辿り、消滅するというのです。

そんな中、0から創業して次世代に受け継がせるまで会社を存続させるのですから、そもそもの創業者の経営者としてのパワーやエネルギーは桁違いなわけです。

創業者の創業エネルギーと比べると2代目社長がやや劣ってしまうのはやむを得ないと言ってよいでしょう。

2代目社長のモチベーションが上がらない理由

それだけではなくて、2代目の社長はそもそも受け継いだ家業に対してモチベーション、やる気をあまり感じられないでいる場合があったりします。

先代社長と2代目の経営者としての実力差を埋めるのは、やる気くらいしかないのにそれを持てないでいるというのです。

それには3つの理由があると言われています。

  1. 家業を継いだものの必ずしもそれを自分でやりたいと思って継いだわけではない
    経営者には様々な苦労がつきものですが、それも自ら選び取った道なら苦労とも思わないところですが、いきなり会社を継ぐことになった場合はそんな苦労が苦痛でしかありません。特に経営を継ぐ前に異業種で働いていた場合はその傾向が顕著になるようです。

  2. 何だかんだ言って先代からの負債やしがらみを抱えている
    いくら先代社長が立派な経営者だとしても、実際はどんぶり勘定な経営であったり、業界のしがらみなどでギチギチだったりすることがあります。そして、それを何も知らないまま受け継いでしまえば、いきなり苦労の素を抱え込むことになってしまいます。

  3. 先代が作り上げた組織を引き継いでいるので組織の意識が古いままである
    会社の重役は先代が選んだ、先代とウマが合う人ばかりです。必ずしも2代目とウマが合うわけではありません。そして、先代社長と同じような「古い」世代の方であることが多いのです。

という3つに大きくわけられます。

全国のすべての企業のうち中小企業は99.7%を占めています。
そのうちの約3分の1の中小企業が、経営者が60代以上となっているため世代交代、事業承継が会社存続のための緊急の課題となっています。

ところが、そんな状況の中、せっかく会社経営の世代交代を行おうというのに、この3つの問題によって水を差されてもったいないと思いませんか?

逆に言うと、この3つの問題さえクリアすることができれば、引き継いだ家業も2代目の社長でさらに大きくすることができるようになりえるのです。

もしも、会社を後継者に任せたいと考えているのなら、円滑に事業承継を進めるためにまずはこの3つの課題が自社にないか?を確認した方が良いかもしれませんね。

PS
実は2代目社長の悩みとして、先代みたいに資金繰りができないというものあったりします。
そこでダイレクトレスポンスマーケティングで集客を仕組み化して、それをそのまま受け継げるようにすれば2代目の将来の不安を一つ潰してあげることになるかもしれません。

楠瀬健之のYouTube大学では、
過去の有料セミナー動画を無料で公開しています。

今すぐ現金を増やすダイレクトレスポンスマーケティング

関連記事