社長の仕事はこの2つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:脇田優美子

社長のあなたの日常はどんな仕事で占められていますか?

店舗を運営しているなら、自ら店頭に立って販売業務をされているでしょうか?

それとも、注文を獲得するために日々営業に走り回っているでしょうか?

中小企業経営者の仕事内容は多岐に渡りますが、毎日の慌しさに忙殺されているだけでは将来が危うくなってしまいます。

経営者として、社長の本来の仕事とは何なのか、今本当にすべきことは何か、考えておく必要があるでしょう。

 社長の仕事とは

市場からも役員からも過去冷たくあしらわれた、生理用品を扱うある経営者の方は、20年余り努力に努力を重ね、今では売上高が以前の3倍以上となりました。

その経営者は、社長の仕事は2つある、とおっしゃっています。

1つは、戦略を開発しそれを実行することです。

絶えず勉強し、計画を練って実績を出していくことです。この歩みを止めてしまうと、瞬く間に市場の変化においていかれて、会社を危機に陥れてしまうことになります。

毎日の業務に一生懸命になることは、一見平和で順調に感じられるかもしれません。

しかし、社員ができるような業務を社長のあなたがしているとしたら、それは適切なことではありません。社長には、社長にしかできない仕事があります。

もしもあなたが競合の動きを知らず、他の業界の進化を学ばずにい続けるなら、相対的に自社が弱体化することは目に見えています。

会社の将来像を明確に描き、そこに向かって具体的な戦略を練って進みましょう。

そこから目を背けてはなりません。今行っている事業をただ継続するのではなく、常に小さな改善をしながら大きな変化につなげていくことが求められます。

あるいは、確かな先見性をもとに、大胆な改革に手を付けることも時には避けられないでしょう。そのような決断も、社長にしかできない仕事です。

 もうひとつの大切な仕事は

社長の仕事としてもう1つの重要な仕事は、人材の育成です。これもまた、非常に地道な取り組みの積み重ねです。

上の例に挙げた経営者の方は
「財を残すは下、事業を残すは中、人を残すは上なり」
という言葉を大事にされているそうです。

社長として、社員に成長をもたらすこと、社員の育成こそが自分の最大の功績である、とまでおっしゃっています。

たとえばこの社長は、すべての社員の誕生日に、機械的にでなく自分で文面をひとりひとりの社員に向けて考え、その社員の頑張りをたたえ、感謝を伝えるメールを送っています。

毎年続けると社員の成長ぶりもよくわかり、そのことが社長の喜びにもなっているようです。

社員に対してこのような働きかけを時間をかけて行う経営者のお話は、他でも伺ったことがあります。

社員に対して、人としての関わりを大切にする、という視点は、最近、成功していると言われる経営者の方々からしばしば伝えられることです。

これは考えてみればもっともなことだと思いませんか。

経営者であるあなたが日頃会社の業績をあれこれ社員に言っても、社員に自分事として受けとめてもらうのは現実にはなかなか難しいものです。

それならと社員個人の営業成績をとやかく言えば、かえって社員はモチベーションを失い会社の雰囲気も暗くなり悪循環でしょう。

それよりも、社員をひとりの人として大切にすることで人間的な成長を促せるなら、自発的により良い行動を起こしてくれるはずです。人間としての信頼関係がまず先に築かれるからです。

社長業の仕事である、会社の将来をみすえた戦略の立案実行と人材育成、この2つの観点を大切に、ぜひ具体的な行動に落とし込んでいってください。

きっとあなたの会社の歩みに力強さが加わることと思います。

 

PS
お客様と絆を結び強めていくには、こちらがお役に立てるでしょう↓

無料プレゼント中
小さな会社のための『”絆で集まる”集客システム構築ガイドブック』

関連記事