公開日:2017/09/09

中小企業社長必読!経営にブレイクスルーをもたらす秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

from:ユージン高田

あなたはこんなことで悩んでいませんか?

社員に対して:
良い社員が集まらない、社員が自主的に動いてくれない、情熱を持って仕事に取り組まない。挙句の果てには、社員同士のトラブルや不平不満までも持ち込まれて、とても仕事どころではない。

お客さんに対して:
クレームを言ってくるお客さんが多い、お客さんがリピートしてくれない、ファン顧客が育たない。そのため、新規集客に力を入れざるを得ないが、コストばかりがかかって利益がほとんど出ない。

取引先に対して:
無理難題ばかり押し付けてくる、値引きばかりを迫ってくる、自社の都合だけを最優先にしている。そのくせ、こちらのお願いはほとんど聞いてもらえず、文句を言う社員をなだめすかして、何とか対応している。

その結果、
毎日くたくたになるまで頑張っても利益が残らず、やりたいこともできず、仕事も楽しくない。アイデアはいろいろあるのに、もっと、自分のしたいことがあるのに、こんなはずじゃなかったはずなのに、どこでどう間違えたのか?

そう思っていませんか?
 

あなたは、なぜ会社を始めたのですか?

この根本的な質問に対する答えが、どんな社員と一緒に働くか、どんな商品・サービスをお客さんに提供するか、どんな相手と取引するかを決めることになります。

これに即答できる社長はあまり多くありません。特に、起業後、数年経っていると、現実のしがらみや制限などによって、自分でもわからなくなっています。

でも、あなたはその答えを持っています。それは、あなたの中にあります。

それは、起業当初にあった、想いであり、情熱であり、夢です。

人はそれを「理念」とか「ビジョン」というように呼びます。

「理念」とか「ビジョン」は、あなたの会社が存在する理由であったり、社員が知っておくべき会社の方向性だったり、お客さんに伝えたい中心的な価値観だったりします。

企業理念の例

あなたもご存知のダイレクト出版にも企業理念(ミッション)があります。

「教育を革新し日本を強くする」
私たちは、日本社会の一員として、教育を通じて、それを革新し続け、日本を強くするように貢献します。それは、現在のみならず、次の世代、未来の社会をも、豊かで明るく、希望に溢れた社会にする礎となると信じています。

そして、ダイレクト出版の小川社長は、自身のブログで、「ミッションを見いだして、それを掲げてから、会社は生まれ変わった」と言っています。

「理念」を明確にすることのメリット

あなたが、自分の会社の理念を明確にすると、次のような効果があります。

・自分自身がなぜ、会社を経営しているかわかります。この理念が日々の行動の指針になります。ですから、これは多少のリスクがあってもやる、あるいは逆に、これはやらないといった経営判断の迷いがなくなります。

・毎日、理念の達成に向けて進んでいるという充実感が得られます。それはあたかも、学生時代の部活動に取り組んでいるような充実感です。

・理念に共感する社員が残り、そうでない社員がいなくなります。そして、残った社員は、同じ理念を達成するために文句も言わずに働いてくれます。自ら考え、提案して、行動してくれるようになります。また、理念に共感した優秀な社員も集まってきますので、求人で悩むこともなくなります。

・理念を達成するために、必要なお客さんが集まってきます。一方、そうでないお客さんは離れていきます。あなたの下に集まるお客さんは、サッカーチームのサポーターのようなものです。あなたやあなたの会社のファン顧客になって、一緒に理念の達成を応援してくれます。

・良い取引先だけが残りますし、あなたが思っても見なかった会社と取引できるようになります。そのような取引先も理念が明確になっていますので、互いに協調し、尊敬し合い、助け合うことができます。

多くの会社が犯す「理念」の間違い

あなたのように優秀で、勉強熱心な社長はこれまでに、本やセミナーなどで「理念を作りましょう」ということを聞いたことがあるでしょう。そして、その場では「よぉし!俺も理念を作るぞ!」と思ったことがあるはずです。

でも、いざ理念を作ろうと思っても
1:完璧主義に陥って企業理念オタクになってしまう
2:作り方がわからないので止まってしまう
のどちらかになってしまっているのではないでしょうか?

完璧な理念はそう簡単には作れません。理念は改善を繰り返して徐々に完成させるものです。「一度作って、はい終わり」というものではありません。

ですから「とりあえず」作ってしまう事です。

形にこだわらずに、まずは起業当初の想いを書き出してください。

どんな想いで起業したのか?なぜ今の業種を選んだのか?それで達成したいことは何なのか?そんなことを制限をかけずに書き出してみてください。

きっと、見えてくるものがありますよ。

P.S.ブレイクスルーしたい社長に話題の場所があります

中小企業経営支援会

関連記事



 

error: Content is protected !!